昭和の時代に生まれ育った人々の多くが、”学歴”や”職歴”などをとても重要視します。これは、よい大学に入学すれば、よい就職先が見つかり、よりよい人生が送れると植え付けられた人々だからです。戦後の高度成長期の技術大国日本と言われていた頃はよかったのですが、現代においては、家の中を見渡しても日本企業のロゴが入った製品はどこにも見当たらなくなってしまいました。”よい就職先”、”よりよい人生”なんて言葉は、古い人々の固定観念でしかありません。古い固定観念を持っている人々は、金、名誉、地位といった欲望の塊です。欲望は欲望を呼び、いつしか自らも破滅に追い込んでしまいます。今の新しい時代を生きるとは、”自分らしく生きる”という事です。”学歴”や”職歴”なんてこの先、益々関係無くなります。過去どうであったのか?という事より、今何ができるのか?という実力を問われる時代です。その実力を身に付ける上で大学が必要であれば通えばよいですし、無駄だと感じれば通わなければよいだけです。人はそれぞれ、過去も違えば、未来も違います。誰かにアドバイスをもらうよりも、自ら決断し行動する事が物凄い大切です。

大学に行く必要はある?

大学で学んだ事を生かし、将来に活かしたい強い気持ちがあるのであれば大学に通うべきです。学歴、職歴の時代は、今後益々消滅します。その理由は、過去何を学んできたのか?という事よりも、今何ができるのか?という事の方が大切だからです。これから必要なスキルは何?と気にされる人も多くいると思います。プログラミング、語学力、ビジネス力があれば世界中どこへ行っても仕事が見つかるという人も多くいます。人生は、人によって千差万別です。自分と同じ人生を歩む人は、世の中に二人としていないのが実情です。他人のアドバイスは、あくまで参考情報です。何故ならば、その他人と自分は別の人生を歩んでいるので、必ずしも他人の意見が正解とは限らないからです。

では何が正解なのでしょうか?それは自ら決断、行動し生きてゆく上で沢山の失敗と成功を繰り返しながら経験を積む事です。今の世の中、「よし完璧だ!成功したぞ。」という昨日の出来事が、今日になったら実は失敗だったという事も多くあります。大切な事は、沢山のチャレンジをする事です。チャレンジは若い時に経験する程、自分自身が想い描く人生の実現に近づけるはずでしょう。

欲望全開でチャレンジし、いつしか無駄な欲望の存在に気が付き、欲望の断捨離の重要性に気が付いた時、他人に優しくなれる人生が訪れる事でしょう。

勉強・学習の管理

勉強・学習の管理は、自己管理と密接に関係しています。大人になるにつれ、自ら様々な判断をしながら仕事をし、生活を送っていかなくてはなりません。仕事を行うという事は、何かしらのスキルが必要となってきます。そのスキルを身に付ける為には、勉強や学習が必要です。勉強というと、机上をイメージされがちですが、世の中(仕事)で通用するスキルは、机上では無く実践で身に付く事が多いです。私が普段生活する中で行っている勉強・学習の管理について、以下のページでまとめていきます。

勉強・学習の管理


自己管理

生活の全ての起点が自己管理です。自己管理とは生活の管理です。キッチリとした自己管理ができた生活を積み重ねていると運気が上がり、豊かな生活を送る事ができるようになります。人が毎日生きていく上で必要な自己管理について、私の実体験を元に、生活の管理健康の管理食事の管理お金の管理仕事の管理遊び・趣味の管理に分けて以下のページでご紹介させていただきます。

自己管理