サラーリマンには無縁の仕訳。事業主で青色申告をしている人にとって仕訳は避けられない業務です。ちゃんとした仕訳が出来ているという事は、収入や支出、経費等の管理がちゃんと出来ているという事です。仕訳を会計ソフトを利用して行っていれば、銀行口座や所得の管理が、その都度出来ている事にもつながります。最終的には問題の無いスムーズな確定申告につながります。毎日仕訳をするという事は、最高のお金の管理です。事業内容や事業規模によって、事業主自らが行える仕訳の範囲は限られてきてしまいますが、事業のお金の動きを毎日確認したいのであれば、事業者自らが仕訳を行うと抜け、漏れ無く事業に関わるお金の管理ができます。

毎日仕訳をするという事は最高のお金の管理

毎日仕訳を実施する事で、以下のようなメリットがあります。

  • 会計ソフトを利用して仕訳を行えばおおよその所得を事前に把握できる。
  • コロナ禍などにおける持続化給付金の申請がとてもスムーズになる。
  • 子供の学費を免除してもらう際、申請時の根拠資料として帳簿を求められた際に直ぐ提出ができる。
  • 確定申告時に慌てる事が無い。
  • 間違いの無い正確な確定申告をする事ができる。

毎日仕訳を実施する事は、スムーズな確定申告につなげる事ができます。また、更にお金を貯めたいと思うのであれば、お金の管理を行う必要があります。お金の管理には、将来を見越した支出収入収支の管理が必要です。支出収入収支の管理が実施できていない方は、まずは将来(数ヶ月、数年後)を見越した支出管理をするページから確認するのがおすすめです。

将来(数ヶ月、数年後)を見越した支出管理をする

確定申告

確定申告とお金の管理は切っても切り離す事ができません。サラリーマンの方であれば、年末調整を行っていますので、確定申告と無縁の方も多いかと思いますが、事業主であれば誰もが確定申告を行わなくてはなりません。また確定申告には白色と青色がありますが、より節税につながる事もできる青色申告を中心に、私自身が実践している確定申告について、以下のページでまとめていきます。

確定申告


お金の管理

お金を貯める為に必要な事は、お金を管理する事です。世の中生きる多くの人々が、”今は銀行口座にお金があるから食事や買い物ができるな”ですとか、”給付金が10万円入ったけれど、結局は税金で無くなってしまう”と考えがちな人々は口座の残高だけを見ているだけで、お金の管理ができていません。お金を管理するとは、例えば本日10万円を使う必要があったとした場合、その10万円が数ヶ月先、数年先の口座にどのような影響を及ぼすのか?という事を理解するという事です。お金を貯めたかったら、お金の管理をする事です。私自身が実践しているお金の管理について、支出収入収支確定申告に分けて説明を行っていきます。

お金の管理


自己管理

生活の全ての起点が自己管理です。自己管理とは生活の管理です。キッチリとした自己管理ができた生活を積み重ねていると運気が上がり、豊かな生活を送る事ができるようになります。人が毎日生きていく上で必要な自己管理について、私の実体験を元に、生活の管理健康の管理食事の管理お金の管理仕事の管理遊び・趣味の管理に分けて以下のページでご紹介させていただきます。

自己管理