口座の残高は常に把握するとは、現在の口座を管理するだけではありません。将来の口座も常に把握、管理しておく事がとても大切です。お金は使わず節約する事が大切なのでは無く、口座を将来に渡り管理する事で、必要なお金を思い切って使う事ができるようになります。必要なお金を思い切って使える人は、口座の管理が未来までできている証です。将来まで渡り口座の管理ができていない事業主の特徴として、借金が多いという例が挙げられます。借金をするのであれば、借入をするお金が運転資金なのか?それとも投資なのか?借り入れたお金を元に、将来どれぐらいの時期になると現在の事業が好転するのかをキッチリ事前にシュミレーションが出来なくてはなりませんし、目標を立て借金をしたのであれば、その目標の実現に向け、努力しなくてはなりません。事業主にとって一番最悪なのは、借金に借金を繰り返し続けている人です。そんなお金の借り方をしている事業主は、自らの事業、生活、人生そのものを衰退させる事につながります。

口座の残高は常に把握する

確定申告で白色申告ではなく、青色申告をされている方であれば、仕訳ができているはずですので、日々の口座の管理が出来ている人が多いかと思います。そのような人であっても、更に望ましいのは、会計ソフトなどを使い仕訳を行いつつ、口座の残高を把握するだけでなく、エクセルファイルで、未来の口座の残高の管理ができるとお金が貯まりやすくなります。

私が実際に作り、日々毎日管理しているエクセルファイルは、以下のような内容となります。

収入の管理

収入の管理とは、サラリーマンの方であれば給与を管理する事になりますし、事業主の方であれば売上や利益を管理する事になってきます。私は19年間、自己管理が一切できていなかったサラリーマン時代を過ごした後、独立起業をし自己管理の大切さに気が付きました。私自身が実践している収入の管理について、以下のページでまとめていきます。

収入の管理


お金の管理

お金を貯める為に必要な事は、お金を管理する事です。世の中生きる多くの人々が、”今は銀行口座にお金があるから食事や買い物ができるな”ですとか、”給付金が10万円入ったけれど、結局は税金で無くなってしまう”と考えがちな人々は口座の残高だけを見ているだけで、お金の管理ができていません。お金を管理するとは、例えば本日10万円を使う必要があったとした場合、その10万円が数ヶ月先、数年先の口座にどのような影響を及ぼすのか?という事を理解するという事です。お金を貯めたかったら、お金の管理をする事です。私自身が実践しているお金の管理について、支出収入収支確定申告に分けて説明を行っていきます。

お金の管理


自己管理

生活の全ての起点が自己管理です。自己管理とは生活の管理です。キッチリとした自己管理ができた生活を積み重ねていると運気が上がり、豊かな生活を送る事ができるようになります。人が毎日生きていく上で必要な自己管理について、私の実体験を元に、生活の管理健康の管理食事の管理お金の管理仕事の管理遊び・趣味の管理に分けて以下のページでご紹介させていただきます。

自己管理