使わなくなった物、後で使うだろうという物は全て捨ててしまう習慣をつけています。身の回りにある物は、常に必要な物だけにするように心掛けましょう。

物の断捨離

  • 高くて良い物を長く使うという考えは捨て、時代にあった新しい物を常に買いそろえる事を意識し実行する。
  • ”いつか着るだろう”と残しているにも関わらず、1シーズンで一度も着なかった衣類は必ず捨てる。
  • 昔はサラリーマン、今は起業。昔は独身、今は既婚者。離婚したので、昔の旦那と今の旦那は違う。というように人生が大きく変化したタイミングをまたがる、衣類、家具、写真、車などは全て捨てて一新させる。
  • 自身にとって、絶対生活に必要な物しか身の回りには残さない。残した物は大切にする。
  • 捨てるのにお金がかかる粗大ごみであっても躊躇なく捨てる。
  • どうしても捨てられない過去の物(卒業アルバム等)がある場合は、倉庫の奥底など普段目に触れない場所へ汚れないように衣装ケースや段ボールに入れて綺麗にしまう。
  • 繰り越した古い預金通帳は確定申告が終わったら捨て、新しいお金を受け入れる準備をする。
  • 資産価値の無い物は買わない。買う前に本当に必要な物なのか?他に代替えが無いのか?を考え、絶対に必要であれば購入する。一点モノ、唯一無二、希少、完全オリジナル、同じ商品は二度と無いという言葉は全てセールストーク。売り手の欲望には惑わされない。自らの欲望に負けない。

物の断捨離についてのご紹介は以上です。続いて人の断捨離についてご紹介いたします。

常に断捨離する癖を身に付ける

私自身が実践している””、””、”欲望”の断捨離について、以下にまとめます。

物の断捨離

物の断捨離物の断捨離

人の断捨離

人の断捨離人の断捨離

欲望の断捨離

欲望の断捨離欲望の断捨離

断捨離とは、”断つ”、”捨てる”、”離れる”の意味を組み合わせた言葉です。断捨離というと、物をイメージする方が多いかと思いますが、人間関係も断捨離の対象です。”常に断捨離する”という事は、過去を糧に”未来へと向かう意識を持ち続ける”という事を意味します。

常に断捨離する癖を身に付ける


生活の管理

日常生活の管理は、自己管理と密接に関係しています。仕事が忙しかったり、家庭に集中できない状態でいると、家の中が荒れ果ててゆき、生活する上で非効率な環境がいつしか蓄積されてしまいます。快適な生活を行う為には、日々の生活における自己管理がとても大切になってきます。私が普段生活する中で行っている生活の管理について、以下のページでまとめていきます。

生活の管理


自己管理

生活の全ての起点が自己管理です。自己管理とは生活の管理です。キッチリとした自己管理ができた生活を積み重ねていると運気が上がり、豊かな生活を送る事ができるようになります。人が毎日生きていく上で必要な自己管理について、私の実体験を元に、生活の管理健康の管理食事の管理お金の管理仕事の管理遊び・趣味の管理に分けて以下のページでご紹介させていただきます。

自己管理