お薬手帳は持っていますか?ちゃんと同じ手帳で過去に処方を受けた薬の管理はできていますか?お薬手帳があると医療費が安くなる場合がありますので、病院へ行く際にはお薬手帳を持参する事をおすすめします。幼少期から病気がある方は、自分に合う薬の管理が出来ていると思いますが、年に数回風邪をひく程度の体調ですと、過去にもらった薬の管理はせず、毎回毎回病院へ行く度に症状を伝え、薬を処方してもらう事がほとんどかと思います。でも、自分の身体に合う薬の管理(把握)ができていると、毎回異なる病院へ訪れる事があっても効く薬を処方してもらう事ができます。また処方してもらった薬は余りがちになる事もあるので、突然熱が出て風邪っぽくなり、仕事が忙しくて病院へ行けなくても、自らの身体に合う薬を把握できていれば、過去に処方された薬を飲む事で症状が緩和される確率が上がります。自分に合う薬を常に把握しておく事は、万が一体調不良が発生しても復活までの時間が短くて済む事になります。

自分に合う薬を把握しておく事の大切さ

日々の生活の中で、多くの人達が勉強、スポーツ、仕事などに毎日取り組んでいます。体調を崩さない様に、日々の自己管理はとても大切ですが、万が一、風邪などで体調不良になった際には、直ぐに体調を元に戻せる準備を整えておく事は更に大切です。その時に役立つのが病院で処方された薬です。過去処方してもらった薬の中には、自分にあったものとあわなかった物があるはずです。私自身、合う合わないが顕著に表れる薬は花粉症の薬です。自らの身体に合う薬を事前に把握できていれば、診察の際に薬名を具体的に伝える事ができますし、一度の診察で30日分、60日分と多めに処方しても無駄にはなりません。

万が一体調を崩しても、直ぐに復活できるように、自分自身に合う薬を事前に把握できていれば、勉強、スポーツ、仕事、日常生活などに大きな支障をきたす事なく、体調改善までの時間を短縮できます。

健康の管理

健康の管理は、自己管理と密接に関係しています。不健康な状態で、どんなに仕事や勉強を頑張ってもパフォーマンスが悪くなってしまいます。特に身体を使う仕事では、不健康な状態で仕事をする事で重大な事故につながってしまう事もあります。毎日の生活を最高のパフォーマンスで過ごす為にも、健康の管理はとても重要です。私が普段生活する中で気にしている健康の管理について、以下のページでまとめていきます。

健康の管理


自己管理

生活の全ての起点が自己管理です。自己管理とは生活の管理です。キッチリとした自己管理ができた生活を積み重ねていると運気が上がり、豊かな生活を送る事ができるようになります。人が毎日生きていく上で必要な自己管理について、私の実体験を元に、生活の管理健康の管理食事の管理お金の管理仕事の管理遊び・趣味の管理に分けて以下のページでご紹介させていただきます。

自己管理